Just good every day

好きなもの、好きなことを少しずつ。






スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告



新型インフルエンザ :: 2009/11/24(Tue)
とうとう娘が新型インフルエンザに感染してしまいました。
土曜日に学校行事で登校したさいに「2年生の学年閉鎖」が発表され、
なんとか娘が感染しなかったことを喜んだのもつかの間、
翌日夜に発熱し、新型インフルエンザと診断されました。

休日の当番医を調べて、
「8歳の子でインフルエンザかもしれないけどそちらで診れますか?」
と電話で尋ねて行ったにも関わらず、いざ着いたら「子供の薬がないから無理」と拒否された(怒)

とても辛そうな娘を抱えて怒っている時間すらもったいない!
空いている小児科を紹介して貰ってダッシュしたものの、溢れんばかりの発熱した子供たち(汗)
それでも朝一番で家を出ていたおかげか、1時間半待ちで済みましたが。。。

免疫が全くない「新型」だからか、これがよく報道されている異常行動なのか、
幻覚・幻聴に襲われ、
ありもしない物が暴れ回ったり、頭を激しく叩いたり、うるさい音まで聞こえると怯える娘。
しかも目を見開いて何もない空中を凝視してる(怖)
看てる私まで怖くなって、「インフルエンザ脳症で死亡」のニュースを思い出しては、
救急車呼ぼうか、どうしようか・・・と不安一杯の1夜でした。

ちなみに厚生省で指導されている「インフルエンザ脳症」の症状とは、

1.「呼びかけに答えない」など意識レベルの低下がみられる
2.けいれん発作が30分以上持続する、けいれん発作を繰り返し30分以上意識が完全に回復しない、またはけいれん発作の後、意識障がいが続く
3.意味不明の言動がみられる

というものです。
娘は3番のみ当てはまり、私の問いかけには7割方答えられたので
救急車は踏みとどまった訳ですが、やっぱりこういう時は呼んだ方がいいのかもしれませんね。

今でこそ熱も37度代後半まで下がってきたので、一安心ですが、
これがあのまま脳症を引き起こしていたら・・・と思うと
親の判断が子供の生死を握るのだと、重責を感じずにいられません。

まだまだ私たち親への感染も心配ですが、
みなさんもくれぐれも気を付けて!手洗い・うがい・マスクは大切ですよ^^
スポンサーサイト
  1. 子供のこと
  2. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。